河合隼雄監修 『臨床心理学大系 第17巻 心的外傷の臨床』の今

$PTSD研究家翠雨の日記

河合隼雄 編集
空井健三 編集
山中康裕 編集

A5判上製函入 ● 304頁
定価5,355円(本体5,100円+税)
2000年8月5日発行

主要内容 心的外傷の臨床/心的外傷理論の批判的検討/摂食障害と心的外傷/抑うつと心的外傷/アルコール・薬物依存と心的外傷/多重人格と幼児虐待/境界例と心的外傷/震災による心的外傷/乳幼児虐待とその心理的ケア/喪の箱庭表現/心的外傷の癒しの彼岸/他

10年前は
摂食障害も
抑うつも
依存症も
多重人格も
虐待も
境界例も
震災も
PTSDと関係があると
されていたのです。

箱庭療法で
喪の作業をすることも
検討されていたのです。

それが今では…?叫び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です