蘇ったキトラの壁画石室公開で揺らぐユング心理学の【かぐや姫】観

PTSD研究家翠雨の日記

極彩色の四神図
東アジア最古級の天文図
描かれた

奈良県明日香村のキトラ古墳
(7世紀末~8世紀初め)の

石室壁面を精密に複製した
原寸大の陶板が完成しました。

本日から
二ヶ月間
奈良文化財研究所飛鳥資料館で
公開されます。

文化庁も
遅まきながら
見直しはじめた
古代から現代まで
心の奥底に一貫して流れる
尊いわが国の精神文化

C.G,ユングも注目した目

東洋の壮大な
【陰陽五行説】
宇宙観であり
哲学観の具現化です。

この古墳の凄さ
日本人のこころの豊かさが
広く知られるようになれば

西洋の人魚姫の背景にある
思想哲学で
かぐや姫はわがままだ
と嵌め殺し
摂食障害の人にお説教するような
おろかな心理療法は
もう

撤退するしかなくなると
思います。

もうすぐかなぁニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です