ユングの知的発達の冒険② すべての病は心因反応である

ユングが
自分の目で目観察し

理解しようと努めるなかで

興味を集中していった
事例は

パラノイア
躁うつ病
心因性障害

でした。

学生の頃は
『なんで分裂病
(統合失調症)
じゃないのかなぁ』

って思ってましたが

今は興味深いです。

パラノイアとか
躁うつ病と
表記してますが

要するに
遺伝の不治の病ではなく

すべて
心因反応として
見ていたわけですからね。

ある意味凄いことですが

今後
これは常識になるべき
考え方だと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です