ユングの知的発達の冒険⑥ 統合失調症誤診疑惑をもつ

当時の精神科医は
(現代でも叫び

患者さんが
言わざるをえないこと
には
関心を示さず

人格や個性などは
全く問題にせず

月並みな診断名を
つければ
お終いだった
そうです。

しかし
ユングは修行時代から
ヒステリーという症状と
その患者さんの夢

早くから興味をもつようになり、

分裂病と診断されていても
通常の抑うつ症状
であると
感じる事例が増えてゆき

その真偽を確かめるために

無鉄砲にも
(勇敢ドキドキですね)

他の精神科医が誰も聞こうとしない
患者さんの心理に注目し
傾聴し始めていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です