当て逃げの車にあった覚せい剤を犬のせいにする44歳 ~解離事件デタラメ度バクシン中!

東京都内で
3件の当て逃げをしたとして
逮捕された男の車の中から
覚せい剤が見つかり
再逮捕されました。

44歳の容疑者は覚せい剤は
自分のものではなく
覚せい剤を見つけ出した
警察犬が置いたのだと
主張
しています。

アルコール依存による
飲酒運転増加が
話題になったと思えば

覚せい剤依存での事故に
進化しました。

否認の仕方も
アルコールなら
「わからない」程度でしたが
覚せい剤では
犬のせいです。
しかも警察犬ですから…

この容疑者には
これほどの【解離】を起こさなければ
ならないような
悲しい出来事があったのだと
お察しします。

濡れ衣でも着せられた
のかもしれません。

そのあたりの心の整理が
治療の焦点になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です