『タイタンの戦い』は東洋的PTSD克服哲学そのもの

$PTSD研究家翠雨の日記

サブタイトルは

神も魔物も
そして運命さえも打ち負かせ!

北斗の拳もそうですが
(天帝なんて)
原理的には疑いようもない
絶対的な場所に
悪を置き

その戦いから
新しく進化させてゆく
というのは

実に東洋的な
ものの考え方ドキドキです。

神と一体化するのではなく
神を殺していく。

殺すというと
恐ろしいですが

賞味期限の切れた
常識を否定するという意味ですね。

ビルシャナ仏の頭上を越えて行け!
とか言います。

聖書の神様の頭に乗るなんて
まあ
ありえないですよね。

大違いです。

しかし
PTSD克服には大事な
ポイントです。

ここを間違うと
本当の意味で
殺されてしまいます。

神との関係をしっかり
頭に叩き込んだ上で…

地上を地獄と化す前に
ハデスを打ち破るペルセウス

忌むべき悪魔や恐ろしい獣たちとの戦い
生き残る道はただ1つ
神としての力を受け入れ
自分の宿命に従い
自らの運命を切り開いていくことにかかっていた。

あとは
パンフレットにこうアップ書かれているとおり
闘うのみです。

西洋人でも
こう考えるべきだと
方向修正し始めたのです。

本家の東洋が
いつまでも
西洋の猿真似をしているのは
どうでしょうか?

かぐや姫やポニョみたいな
勇敢な人達を
西洋理論に当てはめ
発達障害にして
殺してしまうようなことは
もう卒業しましょうねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です