朝日新聞『獅子頭』第四十九話・五十話 運命

子どもが生まれ
幸福の絶頂にいる
二順は

日本人の旅行者に
料理をほめられても
うれしくありませんでした。

失礼のない程度に
話相手をしていましたが

その人物は
二順を日本に招待
することにした
ようです。

事後報告を受けても

子どもが生まれたばかりだから
無理ですと言うような

無欲な二順は
周囲の人達に
たしなめられて
います。

こういう構図が
運命
というものの
正体なのかなひらめき電球

と思いました。

人が運ぶんですね。
見えるわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です