枚方父親殺害後事故死の息子の無意識は薬学部に何を訴えたかったのか

PTSD研究家翠雨の日記

枚方市で
父親殺害後
事故死した息子の
事故現場です。

警察官が
長男とみられる男性が運転する
不審な軽乗用車が
信号待ちしているのを発見

職務質問をしたところ逃走したため
パトカーで追跡していましたが

軽乗用車は同市磯島茶屋町の府道で
渋滞で停車中の乗用車に追突
弾みで対向車線に飛び出し
枚方市駅発摂南大学薬学部行きの
京阪バスに衝突した
ようです。

現場のマンションに住む女性は
「3年ほど前にも怒鳴り声が聞こえ
(長男とみられる)息子が玄関のドアを
壊して警察が来たことがあった」
と話していて

死亡した息子は
PTSDだったと
思われます。

大学の薬学部行きひらめき電球
バスとは
なかなか象徴的ですね。

精神科医療における
薬物の扱いに
何をかいわんや
…デス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です