『竹取物語』火鼠の皮衣の象徴的意味① 雅子さまの適応障害

かぐや姫の出した5つの公案
3番目です。

右大臣安部御主人
(あべのみうし)に
出されました。

臨済禅では
坐禅のほかに

参禅というものがあり
師が弟子の能力に応じて
問題を出します。

しかし禅問答ですから
常識では解けません

弟子は全身全霊で
必死で考え

叱咤激励されながら
修行するそうです。

常識というのは
無意識にある
その人の自明性でしょうね。

ユングなら
【普遍的無意識】とか
【集合的無意識】

唯識では
【阿頼耶識】と
呼ぶ部分です。

自明ですから
半ば宗教みたいなもので

その真偽を疑いもしない
部分です。

それが真の判断を
狂わせる原因ひらめき電球です。

阿部氏の場合は
お金持ちで
外国にもお友達がいる
ような
人でした。

ちょっとうらやましいですがむっ
これがかぐや姫の
公案を解く邪魔になりました。

自分の最大の長所を活かして
つまり
大金を払い
外国に文を送って
取り寄せようとしました。

かぐや姫の求めていたものは
モノではなく
こころひらめき電球
ですから

お金で手に入るもの
ではなく
もっと工夫して
手に入れるべきものですし
外国にあるものでは
ないのですね。

そんなことしなくても
自分の心の中に
あるものです。

見えないだけで…

PTSD克服の過程も
同じです。

お金や情報があっても
自覚が起こるような
治療法を選択しなければ
治らないという事実は
皇室が【象徴】していますねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です