上方落語まつりの米朝さん「どう坐ったらいいか?」の【象徴性】

PTSD研究家翠雨の日記

昨夜開幕した
落語家約90人が
話芸を繰り広げる
大規模なイベント
「上方落語まつりinミナミ」の
一幕です。

人間国宝の桂米朝さん(84)は
正座を続けるのが難しく
急きょ用意されたいすに
座り直されたのですが

こんなややこしいところに
座らされて

どないしていいか分からん」と話すと
客席から温かい拍手が起きました。

【坐る】ことは…
坐禅でこころを整えたりしますし
日本人のこころと文化に
密接に関わっているものですよね。

ややこしくて
どう坐ったらいいか
わからないえっ
というのは

   ―確かに坐りにくいですから
    そう言っておられるに
    すぎないのですが―

実は
多くの人が今実感している
居心地の悪さの【象徴】でもあるひらめき電球
ように感じました。

PTSDなんかになると
いたたまれない!
という状態になります。
【居た堪れない】と書くようです。

そして聴衆の
温かい拍手に

拍手の意味を改めて
感じました。

【拍手】はかしわで
ですね。

【合掌】も似たような意味でしょうが
右手と左手で
【陰陽】です。

手偏(てへん)に【シロ】
花咲かじいさんの犬は〈シロ〉
因幡の白兎も〈シロ〉
シロは陰陽五行では金気で
固く固く結実した秋の木の実のような
ものです。

意識を集中して集中して
起こる【純粋経験】ひらめき電球
 西田幾多郎のいう
 主客のない無我の境地です。
 わが国を代表する西田哲学は
 ここから出発しています。

陰陽五行では【太極】
 つまりは混沌です。

『どうしていいかわからない』
『それでよいのですよ』
(そうでなくてはならないのですよ)

米朝さんと聴衆の無意識のやりとりが
聞こえるような気がします。

だから
居心地のよい可笑さひらめき電球を感じる
のではないですか?

日本人の【集合的無意識】としての
(共通認識・コモンセンス)

【一太極二陰陽】のリセットの法則を
感じました。

スサノヲも泣きながら
混沌である【太極】に退行し
リセットして
日本の無意識の歴史を築いています。

日本人ならドキドキ
どうしていいかわからない
絶体絶命叫びから
始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です