『無知の涙』③ 心因反応としての犯罪 

永山のノートを読んだ
秋山駿は
書いている。

「動機なき、理由なき殺人」
と称されているが

こんな言葉を
ああそうかと
単純に簡単に
分かったつもりに
なってもらっては困る。

人のあらゆる行動には
何らかの意味で
すべて動機があり
理由があるのだ。

最高に支離滅裂な発狂者にあっても
彼に意識がある限り
必ずその言動には
動機と理由というものが
ある
のだ。

「動機なき、理由なき殺人」
というのは
人間の奥深くにある
生のパラドックスの
その露出
なのだ。

人間が犯罪を犯すのは
すべて心因反応であると
発狂と言っても
遺伝性の不治の病ではないと

聞こえませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です