確率99.9%で発見されたノアの方舟と陰陽五行説

旧約聖書に登場する
「ノアの方舟
(はこぶね、Noah’s Ark)」を探す
中国とトルコの探検家チームが
先月26日
方舟が漂着したといわれる
トルコのアララト(Ararat)山の
山頂付近で
方舟の木片を発見したと
発表しました。

旧約聖書の物語では
堕落した人類を
大洪水で滅ぼそうとした神が
ノアに方舟を作って
あらゆる動物をつがいで
乗せるように命じ

洪水が引いた時
方舟がたどり着いた陸地が
アララト山の山頂とされて
います。

日本には
553年ころ
陰陽五行説が
船に乗って
やってきました目

陰陽は
オス・メスのつがいも
意味します。

十二支は
12種の動物です。

よく似てますね。

人間が考えることには
【元型】があるような
気がします。

PTSD研究家翠雨の日記

確率99.9%で発見されたノアの方舟と陰陽五行説」への0件のフィードバック

  1. sakura

    SECRET: 0
    PASS:
    久しぶりにお邪魔させていただきます。

    “舟”における象徴性って面白いですね。
    まさに元型ですよね。

    確か易経に“大川を済(わた)るに利あり”ってありますよね。
    ”ノアの箱舟”って”ノア”と“女か”の連想なんかも面白いです。(”女かと伏義”の“女か”です)
    ではでは。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >sakuraさん
    コメントありがとうございます!
    中国にも洪水神話があったのですね。
    また私の妄想癖にエサをお願いします('-^*)/

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です