河合隼雄のASD死を理解しない限りユング派は再生できないだろう

2007年9月2日に
臨床心理学者で
元京都大学名誉教授の
故河合隼雄さんの追悼式が
京都市左京区の国立京都国際会館で
行われました。

臨床心理学の学会でも
法事が繰り返されています。

京都大学によると
河合隼雄さんは
2006年8月に文化庁長官として
奈良県明日香村を
謝罪で訪れた後に
重い脳梗塞で倒れ

一度も意識を回復することのないまま
2007年7月19日に死去しました。

PTSD研究家翠雨の日記

この壁画にショックを受け
ASD(急性ストレス障害)から
還らぬ人となったのです。

C,G.ユングに感銘を受けながら
陰陽五行や仏教を
真に理解できなかった
事実に直面させられた
トラウマによるものです。

このことを
真に理解できない限り
河合隼雄の死は

浮かばれないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です