金属バット仙台教諭殺害で元祖PTSD事件を思い出そう

仙台市泉区で
私立常盤木学園高校教諭
松本秀夫さん(56)が
自宅玄関先で殺害された事件で

松本さんのそばに
血の付いた金属バットが
落ちていたそうです。

あれは
いつのことだったでしょうか?

日本人は忘れっぽくて
困ります。

受験のストレスから
親を金属バットで殴り殺した
事件が
世間を騒がせました。

今では
不可解な事件どころか
猟奇的な事件さえもが

「そんなことも
あるでしょう」

とばかりに
スルーされる
世の中に
なってしまいました。

ここで

金属バット事件に
立ち還って
考える必要が
あります。

犯人のしたことは
犯罪ですが

このような手法をとった点においては

世の中への
アンチ・テーゼを
感じます。

一種のカナリアでしょう。

その犠牲精神から
我々は少しは
学ばなければ
ならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です