うつ病自殺7割が精神科を受診 →断薬へ脱マインドコントロール

4日に出てたんですね。
こんな記事に限って
なぜみつけられなかったのでしょうしょぼん

うつ病で自殺した人の7割が
精神科を受診しており
その多くは「抗うつ薬」を服用していたことが
遺族が行った調査でわかりました。

最近は製薬会社のテレビCMや
政府の「うつキャンペーン」のせいもあって
抗うつ薬に抵抗感のない人が増えていますが

医療関係者の間でも
安易な服用を懸念する声があがっています。

全国自死遺族連絡会が
2010年3月までに行った調査によると
自殺者1016人のうち精神科を受診・治療中だった人は
701人(69.0%)でした。

自殺者のうち飛び降り・飛び込みは197人
自宅のマンションから飛び降り自殺を図った場合は
全員が受診
していました。

自殺した20~50歳代女性も
100%が通院
していました。

「1日20~40錠の服用はざらにある」

自殺者の多くは抗うつ剤を服用していたことも
わかりました。

まずは精神科
まずは薬という
信仰を捨てないと
掬われないと

なんとなんとはっきり
書かれています。

うそみたいですが
本当です!

少しまともに
なってきましたニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です