チベット仏教の光明思想とかぐや姫

チベット仏教では

死は悲しみではなく
終わりでもない。

死は変容であり
形がかわるだけ。


死の瞬間から
にじみ出てくる
光明に包まれ

空と一体になると
魂の救済が進む。

これって
かぐや姫のラスト
そのものだし

かぐや姫の名前からして
輝く光明の【象徴】

煩悩の種を残していたので
この世で修行し
自分が誰であったのかを
思い出し
仏性としての
光明を取り戻したのでしょう。

これが
日本人の自己実現モデルでなくて
何でしょう。

かぐや姫をわがまま扱いして
凡夫に合わせさせる
心理療法は
どこから考えても変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です