最澄の理想像かぐや姫と心理療法

比叡山を開かれた
伝教大師・最澄
(でんぎょうだいし・さいちょう
767-822)の

著書『天台法華宗年分学生式
(てんだいほっけしゅうねんぶんがくしょうしき
=山家学生式)』は

日本天台宗を開かれるに当たり
人々を幸せへと導くために
「一隅を照らす国宝的人材」を
養成したいと
熱意をこめて
著述されたものです。

「国宝とは何物ぞ
宝とは道心(どうしん)なり」

竹の一隅を照らしていた
かぐや姫は

翁に発見され

自己実現
(個性化の過程)を
バクシンし

竹林で発見されたときより
さらに偉大な光明に
迎えられ
大変容
しました。

これが国宝
なのです。

摂食障害という
PTSD症状の何たるかを
理解しようともせず

うそつき扱いして
自己実現の過程を邪魔することで
国宝を台無しにするような
心理療法家は
国賊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です