アンナの症例⑥ 精神分析による『ヒステリー研究』の誕生

以上は
ブロイアーという人が
行った症例です。

フロイトはこの症例の病歴と

ブロイアーの行った新しい治療法
(カタルシス療法)に
非常に興味を覚え

ヒステリーの病因と治療法について
まとめるように勧めました。

当時は催眠法が流行していたのですが
何もから暗示をかけなくても
クライエントのから
抑圧していた思いが
吐き出され
抑圧していたことを
自覚できれば

治癒すると
分かったのです。

こうして出来上がったのが
ブロイアーとフロイトの共著

『ヒステリー研究』
(1895年)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です