キトラ古墳壁画修復にユング研究者も加われ!

$PTSD研究家翠雨の日記

15日からの公開を前に
朝日新聞夕刊一面で
壁画修復に寄り添った人々の声を
紹介しはじめました。

寿命が縮む思い
でも、各分野の研究者と出会えて
視野が広がった

「文化財を
取り巻く環境が
いかに大切か
実感した」

「記録できない仕事を
あとに続く技術者に伝えなければ

前例のない
古墳壁画剥ぎ取りは
日本文化の伝承の【象徴】的課題です。

前例のない困難克服こそ
日本文化なのです。

高松塚古墳の劣化を見て
ASDから死亡した
(一年続きましたからPTSDですビックリマーク
河合隼雄のトラウマを

キトラ古墳で分析し
パワフルに再生する可能性が
ユング心理学にはあります。

それは
年間3万人の自殺者が
12年も続く
悪夢に終止符をうつ力さえ
秘めています。

スサノヲが
父が逃げ帰った黄泉の国に
戻ろうとすることで
古事記の基礎を創ったように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です