『毒になる親』とPTSD問題の複雑性

親という存在は
ありがたい。
有り難いは
あることがむずかしいって
ことですから
神さまみたいな
存在です。
無私のこころで
守りはぐくんでくれる
存在ですから。
しかし
そうでない親もいる。
PTSD研究家翠雨の日記
学校で教えにくい事ながら
教えなければならない
問題です。
 ―一般の親御さんは気を悪くされるおそれが
  ありますが
  虐待・DV家族の子どもは
  それでは自分が悪いのかと
  悩みを深めます。
さらに言えば
毒になる親も
正気でないわけで
(PTSDでしょう)
その存在を否定するだけでは
何の解決にもならないのです。
課題は山積みですあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です