宮崎あおい『初恋』とPTSD

三億円事件をもとにした作品です。
 ―東京都府中市で
  1968年12月10日に
  発生した窃盗事件  ←強盗ではないのです。

こころの傷に
時効はないのだろうか。

永遠に続くものなど
ありはしないのに…」という
ヒロインのナレーションから
始まります。

ヒロインは
母親に捨てられ
親戚のうちに
預けられていますが

そこのおばさんは
彼女の母親のことを
ろくでもないやつなどと
言ったりしますから

居場所がなく
繁華街をうろつくようになります。

警察に保護されても
親に連絡しなくていいと言い
涙も見せないので
警官が訝ってました。

そんな若者たちが集まる
溜まり場で
出会った青年と
恋に落ち
大事件を起こすのです。  ←3億円事件

事件後
ヒロインは大学に通いますが

溜まり場にいた
青年たちは
暴行死(学生運動にて)
薬物中毒の果てに死亡
事故死
作家になったもののガンで死亡

 …トラウマを抱えたまま
 さまよった果てです。

待ち続ける共犯の青年は
いつまでも消息不明
 ― 作品では
  権威をコケにしすぎたので
  事件そのものを【否認】するため
  逮捕されないものの
  海外で軟禁されている設定です。  ←なんだか【象徴】的
  
モンタージュ写真
犯人確保の邪魔をしたのでは
ないかとも指摘されていますが

これは
PTSDの記憶のかけら
まとめあげる難しさを
暗喩しているようにも感じました。

ヒロインは
このことを記憶し
考え続けているし
男性に翻弄されつづけた女性は
別な男性と結婚するも
離婚します。
しかし実家の事業を切り盛りしながら
たくましく生きています。

女性の方が
トラウマに強いかもなぁ…

そんな風に思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です