頭を壁にゴンゴン打ちつける子どもたち

相談現場での通称
【頭ゴンゴン】
  
頭を床や壁に打ちつけます。

頭を打ち付けたら
痛いです。

でも痛くない。

なぜなら
頭をたたくより
もっとつらいことが
その子どものこころに
起こっているから

それが緩和される。

心因があるのですから
これもPTSDです。

子どもの場合は
まだ大半は
お母さんの顔を見ながら
軽くゴンゴンします。

S.O.S
「しんどいよー」の
サインです。

普通のお母さんなら
どうしてそうするかちゃんとわかります。

甘やかさず
感情のコントロールを
教えます。

これを放置すると
大人になって
激しくガンガンになります。

あるいは他の自傷を
するようになります。
リスカ・OD・多量飲酒・薬物依存
…自殺ですね。

そうなれば
統合失調症か
軽く見積もって人格障害と
診断されるでしょう。

日本ではただの犯罪者かも
しれません。

PTSDだから
心因はきれいに保存されてるから
治るのにね。

最近は
子どもの【頭ゴンゴン】の
サインを見落とし

重症化ののち
破滅させる親や専門家が
増えています。

嘆かわしいことです。

頭を壁にゴンゴン打ちつける子どもたち」への0件のフィードバック

  1. てぃあ

    SECRET: 0
    PASS:
    わたしも頭ゴンゴンやってました。

    頭が痛いとは感じませんでした。

    ただ頭をぶつけて頭から何かが飛んでいく感覚が気持ちよくて。。。

    頭をぶつけていても

    親は何も言いませんでした・・・。

    (_ _。)

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >てぃあさん
    哀しいことを思い出させてしまいました。
    元お子さんのお話が聴けるとは…。
    そうなんですね…(_ _。)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です