掛け言葉の言霊がつまった象徴的な日本語

昔の風流人は     ←風流はキーワードか…

長雨を
眺めにかけて

ながめ

と呼んだそうです。

日本語は
いろんな意味を重層的に
もってますね。

言葉自体が
もう記号というより
相当【象徴】的な感じがします。

そう言えば
言霊って言いますものね。

夢の分析をするとき
大事な視点ですよ。
 ―フロイト的にやると
  ジャムのビン頭に被った
  ポニョみたいに苦しくなります。

行動療法とか
知的なだけのカウンセリングが   ←ホントは知的ではない
なじまないはずだ…ニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です