大阪で3歳児をゴミ袋で窒息死させたPTSD解離父母は見かけフツーのヒト

26歳の母親と
PTSD研究家翠雨の日記
同居の男性(20)
PTSD研究家翠雨の日記
大変なことをしたという
自覚はありますね。
どうしようもなさに
おののいている感じがします。
 ―最近の事件の容疑者に見られる
  判で押したような特徴です。
  熊本で女児殺害の大学生は
  解離したままで
  重篤度が違いますが。
母親は
子煩悩な内容のブログを綴っていましたが
一変
「もう嫌!」とキレてます。
 ―人格が解離するのです。
二人は
事件のさなか
ゲームに夢中だったようです。
 ―ゲームは流行で
 それなりの心理的効果もありますが
 解離人格者は
 ゲームによる癒しをより必要とし
 結果的に依存しやすく
 癒しが毒になります。
「ゲーム中に騒いでうるさかった」
もはや快―不快
感情でしか行動できない
ヒトになっています。
 ―哀しいことですが
 人間ではなくなっています。
しかし
治療すれば
人間になれますし
予防することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です