被災地での学生ボランティアによりこころのケアは常識になるだろう

文部科学省は
全国の
国公私立大学に対し
学生が
東日本大震災の
被災者支援ボランティアに参加した場合
その活動を
大学の単位として認めるよう
要請する方針を固めました。
★ボランティア活動を単位認定すること
★ボランティア活動のため
休学する学生について
その間の授業料を免除すること
★保険に加入して
ケガなどに備えるよう
学生に周知徹底することを
求める文書を出します。
どんな類の
ボランティアであろうと
被災地に入れば
PTSDについて
生きた知識を学ぶことになるでしょう。
臨床心理学観が
ガラリと変わるはずですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です