PTSDの時代みんな孤独なジョバンニに共感する

『銀河鉄道の夜』の
主人公は
幽霊みたいな存在です。
お父さんの消息が不明で
不安な上に
学校では
それをネタに
からかわれ
お母さんは病気で
寝てて
アルバイトもしないと
いけません。
しかしそんな子には
宇宙の秘密が
なんとなく感じられるのです。
言葉にできないもどかしさを  ←不立文字
感じてたら
あるビジョンを見て     ←イメージ表現
 ―銀河鉄道に乗るのです。
その中で
象徴に出会い
自覚しました。
こんな話つまんないかなぁと
思ってましたが
ほぼ全員に
心当たりがあるらしいようで
こちらが
驚きました。
宮沢賢治は
やはり凄いです。
自分が廃人じゃないかと感じることも
結構フツーにあるみたいです。
 ―そう思いながらも
  生きているのが
  健康なのかもしれないですよ。
人を簡単に
病気扱いしてはいけませんね。
薬を飲もうとしてるひと
思いとどまってください。
 ―そのうち
 本当に廃人になりますよドクロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です