PTSD解離首切り被告死刑確定

マージャン店経営者ら
男性2人を
殺害し遺体を切断
 ― 一人は生きたまま
遺棄した
無職男性被告(33)が
高裁への控訴を取り下げ
死刑が確定しました。
特殊な事件になります。
★その残忍さ
 ―PTSDによる
 ひどい解離体質
★控訴を勧告された
★裁判員裁判による
初の死刑判決の確定
改めて
裁判員のみなさんの
こころのケアが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です