西田の孤独&孤独じゃなかったユング

ユングと西田幾多郎
西洋の最終貯蔵庫の心理学と
東洋の最終貯蔵庫の哲学
 ―ここから
 あまり大きな進展はない。
西田哲学は
ユングより
一回り大きな思想だから
日本人のPTSDは
ユング心理学だけでは
治らない。
今年は
ユング没後50周年
 ―西田は『善の研究』出版100周年
ユング派は
「ユングは孤独のなかで
狂気と闘ったと言われていたが
そうでもなかった」と
強調し始めた。
 ―それがどうした?って感じ  
あと自己治癒記録
『赤の書』の出版を見送ったのは
暗示になってはいけないから
だったらしい。
 ―やはりPTSD
 (ヒステリー)が
 多かったのですね。
 精神分析の始めがそうだし。
西田は
一貫して
「孤独な思索」を強調
 ―これが本物の証だと
 思うけど。
【象徴】抜きで
発達障害研究に走って
シンポジウム開いても
どーでもいいことばっかりなら
廃れる一方だニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です