PTSDの時代に「賢い患者になりましょう」辻本好子さん死去

医療を消費者の視点で捉えた
表記の合言葉が
さまざまな
犠牲の果てに
$PTSD研究家翠雨の日記
 ―精神科でそれが顕著です。
 皮膚科なんかも
 あるけどね。
 ステロイド問題で
 相当大騒ぎしたけど
 問題はそのままに
 くすぶってます。
 
 精神科の薬を揶揄しながら
 ステロイド使い放題の果てに
 医療訴訟してみたり叫び
やっと
消費者の耳に
届き始めたところです。
犯罪心理学者の
作田明さんも
つい最近お亡くなりになりました。
 ―共時性を感じます。
 仏教だと縁起ですね。
 いろんなことはつながってます。
 バラバラ(解離)では観えません。
問題は
いよいよ
核心に近づき
クライマックスを迎えます。
煽ってばかりの
甘えん坊な患者は
時流に消えてゆきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です