マツダ工場暴走殺傷事件一年を前にトラック運転手が解離自殺

広島市の
JR山陽線の踏切で
会社員(42)の軽トラックが
普通電車と衝突
全身を強く打って
死亡しました。
電車の運転士は
「遮断機が下りた後
車が進入してきた。
ブレーキをかけたが
間に合わなかった」と
話しています。
ホームからの転落でも
線路侵入でも
判で押したような
証言です。
 
 ―運転手の驚愕には
 PTSD予防が必要ですひらめき電球
そして
明日で
マツダ工場暴走殺傷事件一年
解離事件が
微妙にミックスされています。
阿頼耶識は異熟するなり
 ―唯識  
 (仏教の心理学)
ですからね。
予防しないと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です