ヤミ金取立て恐怖からPTSD解離性列車飛込み自殺事件今夜時効

2003年
大阪府八尾市の
60代の夫婦と
妻の兄(81)の3人が
ヤミ金融の取り立てを苦に
心中した事件は
夫婦に脅迫的な取り立てをした
主犯格の幹部(30)が
逮捕されないまま

22日午前0時
公訴時効が成立します。
JR関西線の踏切付近で
電車に飛び込み
自殺
夫婦の自宅からは
「苦しみぬいたあげく
死をえらびました」と
書かれた妻の遺書が
見つかっています。
$PTSD研究家翠雨の日記
JR西日本は
事故による遅延が頻発するので
こういう掲示板を
駅に設置しています。
いろんな遅延理由があるようですが
ほとんどの遅延に
この事件のような
背景があるのだと思います。
それにしても
主人格(主犯)が
行方不明
なんて
PTSD解離犯罪そのものですね。
捕まえてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です