子どもに手を上げる解離の怖さをかみ締める健康な母親

$PTSD研究家翠雨の日記
尾木ママは
叱らない子育てを
提唱されます。
叱ると
二面性ができるからですひらめき電球
 ―このブログ的に言うと
 暴力は多重人格をつくるからです。
48歳の主婦が
子育ての最中に
一度だけ
子どもに手を上げたのを
思い出され
投書されていました。
一瞬胸がスッとし
疲れが抜けたような気がしたけど
直後に
自分が怖くなって

そのことを覚えているから
それきりにできたのでしょう。
無意識に
ふと手が出るんですよね。
そこで爽快感のみを
感じると依存症になるのだと
思います。
自分の中の魔境を
直視することが

自分を救いますね。
 ―解離体質であっても
 ここをおさえている人は
 大きく間違いません。 
ママ友には
「別に叱らなくても
言い聞かせたらいいのです」と
上から目線で諭しながら目  
子どもを虐待してる親は
一番重篤ですね。

子どもに手を上げる解離の怖さをかみ締める健康な母親」への2件のフィードバック

  1. ぴっちぇ

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは~(^∇^)
    私はちょうど
    戸塚ヨットスクールが流行った?世代で
    学校では ちょっとした事でも
    みんな(私も)
    よく竹刀や角材で
    先生に殴られてました~( ̄□ ̄;)
    親以外の人に
    グーパンチや平手や蹴りなど
    教育・指導って名目で
    イタイ思いさせられるのも
    同じように2面性って
    でるんですか?

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >ぴっちぇさん
    二面性、出ると思いますよ。
    そして、今風見鶏みたいな人が多いのは、その後遺症じゃないですか?
    しかし、戸塚を模範にされると、辛いですネ。
    限界を超えさせるという考えは賛成ですが、暴力はやはり…(>_<)
    確信犯的な時代を思い出しました。
    ありがとうございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です