PTSD解離の時代に八尾市ヤミ金取立て自殺事件時効成立

2003年に起こったんですね。
取り立てを苦にした夫婦等3人が
電車に飛び込み
心中させられました。
怖かったと思います。
 ―死の恐怖は
 PTSDの種です。
 発芽予防はできます。
解離した人間は
本当に怖いです。
心中したというより
させられたのですから
【解離】自殺になりますね。
そしてこういうのは
殺人でもありますね。
大阪府警は
組織のトップ59人は摘発しましたが
指名手配した
元幹部(30)は未だ行方不明です。
主人格が不在で
多重人格がうごめく
PTSD解離人格は
この頃から
爆発的に増えてます。
時効は成立しても
良心の呵責が
トラウマを活性化させ
一方で自分も被害者であるとの葛藤も
顕在化し
PTSDは
重症化&複雑化するばかりでしょう。
普通の知能では
なかなか解決できないと思います。
 ―それで
 発達障害みたいに見えるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です