臓器移植~PTSD解離時代の何とも言えない話

★海外での
臓器移植をあっせんする
NPO法人の職員(51)が
東京国税局の税務調査を受け
およそ2000万円の所得隠しを
指摘されたり
★医師が
暴力団員に
何千万もの金を渡し
養子縁組して
自らに移植しようとしたり

この分野には
やりきれない空気が
あふれています。
宮沢賢治なら
「無法をやめろ!」と
怒るでしょうね。
 ―『氷河鼠の毛皮』『なめとこ山の熊』
食事のときに
「いただきます」と言うのは
他の生き物の
尊い命をいただいて
生かされている存在であることを
忘れないようにするため。
それは
よいとか悪いとかを超えた
矛盾の上に生きていることの
確認です。
$PTSD研究家翠雨の日記
これを忘れたら
人間は
こころの病になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です