隣人を斧で切りつけたPTSD解離70歳逮捕

名古屋市で
無職の70歳が
殺人未遂で逮捕されました。
「ドアの開閉音が
うるさいと注意したが
相手にされなかったのでやった」
そうです。
 ―無視即存在の否定と感じるのが
 この種のヒトビトの特徴です。
 なぜ無視されるかは
 考えないのです。
 他罰的な思考回路をしています。
 解離して場当たり的に
 生きてますからね。
隣室のアルバイト男性(58)は
おのや包丁で切り付けられ
頭蓋骨を折るなどの
重傷です。
昔はこういうの
滅多になかったと
思います。
PTSDで解離する人が
増えているからです。
PTSDは昔からいましたが
ここまで重症化し
他人を害するようなタイプは
稀でした。
精神科のほか
 ―ピック病とか   
 (最近はあまり聞かない病名)
 治療を受けていないか
 
内科などで
処方された薬も
 ―腰痛にデパスとか
 フツーに出るらしいです。
 仮面うつ病とかの判断で
 (腰痛も不眠もうつ病の仮の姿)  ←ウソ
 安定剤や睡眠薬も
 出すみたいです。
調べるべきでしょう。
 ―薬も悪い意味で
 進化しているようですからひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です