広汎性発達障害?どこのドイツだ?

翔は
両親の離婚という
こころの傷をもち
心臓が悪い少年
手術前に
母親の育った屋敷で
1週間過ごします。
$PTSD研究家翠雨の日記
ベンツで連れてこられますが
 ―ドイツ精神医学
迎えるのは
陰陽五行説と華厳経の
原理
$PTSD研究家翠雨の日記一太極二陰陽
どこまで
はじけるのか?って感じでしょ?
 ―これがポニョにもあった
 不退転の精神です。
 ヒットしても家出します!という
 アレです。
 ネバーエンディングストーリー
『人形の家】じゃないですからね。
そういう象徴に出会い
心臓が悪いのに
走り出し
行動し
 ―ヒステリー
 (PTSD)だったのです。
 心身症ですね。
 機能不全が固定した部分も
 あるかも知れませんが
 不必要に悪化させた部分も
 大きかったのでしょう。
勇気をもらったと
言って別れます。
$PTSD研究家翠雨の日記白黒のボール
この広告も
そんな感じですネべーっだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です