『ガラスの仮面』 でっちあげ発達障害の前にPTSD克服したヘレン・ケラーを再考して下さい

Gyao!で
無料配信中です。
 ―ヘレン・ケラーのお話を
 思い出せば
 済むことですが
第23話で
2人の女優が
ヘレン・ケラーと
 ―孤独からくる
 PTSDもあったと
 思います。
 自閉症と言った精神科医も
 いました。
 当時は脳の病気ではなく   ☚DSMのせい
 情緒障害でした。
サリバン先生に
なりきり
ぶつかり
 ―3重苦のヘレンは
 野生児です。
モノには名前があることを知り
お父さんやお母さんと
出会いなおします。
両親は
諦めていましたが
 ―どうせできないのだし
 訓練は可哀想だから
 好きなようにさせてあげたいと。
サリバン先生が
「あなた方が居なくなったあと
その優しさが何になりますか。
あなたがたは
哀れんでいる方が
楽だから

そうしてるだけです。
強い意思を持ってください」と
喝破する場面も
印象的です。
みんなと同じようにはできない
というのではなく
目の前の子には
どうしたら
伝わるのだろうと
なりふり構わず
必死で向き合うのが
真の愛情ではないかと
思いました。
サリバン先生のようにやらない限り
やっぱり愛情不足です。
頑張れ
維新の会!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です