岸和田市職員飲酒でPTSD解離性暴走

38歳の
市職員は
飲酒して帰宅しようとしていました。
数年前なら
これで済んでたでしょう。
今は
厳しくなりましたから
 ―それでも無視ですから
 解離してます。
市民に通報され
 ―有り得ないことするようになります。
警官が追跡
逃走するようになります。
 ―普通は
 状況判断して
 観念しますが。
慌ててますし
飲んでますから
 ―もともとストレスには弱い。
物損事故や
車との接触事故も
おまけでついてくることに
なるのです。
見た目は
脱法ハーブや
覚せい剤による
暴走事故と
一緒ですね。
そこまでして逃げるのに
過去の記憶が絡んでいるのも
同じです。
 ―警察より恐ろしいトラウマ記憶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です