『明日ママ』「フラッシュバックするから中止」の意図はPTSD否認発達障害ブームの続行

トラウマチックエピソードが
フラッシュバックして
自傷行為をする子が出ている
とのことですが
何度も書きますが
PTSDを
未治療のまま放置されているからです。
児童養護施設に入所してくるのは
殆どが虐待問題だというのは
公然の事実なんですから
PTSD予防や治療をすべきなのに
 ―怪我をしているのに
 治療しないのは虐待でしょう。
発達障害扱いして
 ―PTSDと違い
 治らない問題
何割かは薬漬けにしているのです。
しかも
トラウマチックエピソードと言うのが
「施設にいたこと」
「施設でイジメられたこと」というのも
専門家の怠慢を示しますが
「学校でばい菌と言われたこと」
 ―悪口で傷ついた人にとっては
 「ポスト」=「ばい菌」
 行動療法を少し学べばわかる事
「DVシェルターで追い出しにかかられたこと」
 ―「オツボネ」の苦しさに完全に感情移入
  シェルターも2週間の間に人生を
 すべて決めさせられる。
物語を読んでも
人の話を聞いても
人が叱られていても
自分のことと距離がなくなり
(勘違い)
傷つく病なのです。
要するに
重症未治療PTSDの人は
ドラマを見たらみな
反応するのです。
発達障害薬漬けをやめて
PTSD治療をすれば
こんな議論は起きないのです。
必要だから起きた
議論です。


正義について
語りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です