『千と千尋の神隠し』毒親型PTSD


湯婆婆も
自分の子と気づかず
 ―いつも本当には出会っていないから

千尋の両親も
千尋の気持ちに
気づかず
親子がすれ違います。

千尋は
魔界に送り込まれ

坊は
モンスター型発達障害児もどきにされ
放置されていました。
 ―現実にいたら
 臨床心理士によって
 心療内科送りでしょう。
物質的には豊かで
虐待していなくても
ネグレクトするのは
毒親で
子どもが苦労します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です