『千と千尋の神隠し』PTSDの失意の時近づいてくる自己治癒力の世界

引っ越しの心細さを
1人で抱えていると
さらに悪いことに
両親がブタにされ
 ―いじめとかいろんなことがあった時
 両親が
 PTSDを発症していたり
 向精神薬を飲んでいると
 子どものS.O.Sが
 聴こえません。
魔境に迷い込んだような
恐怖心を覚えます。

しかし
それは
実は癒しの使節団での訪れであり
 ―無意識にあるセルフが
 動き出した印としての
 一太極二陰陽

神々の世界で
 ―日本は
 『古事記』の八百万の神々の国だから
試練を受け

PTSDを克服するように
出来ているのです。
「なんで名前を知っているの?」と
驚く千尋に
ハクは
「そなたの小さいときから
知っている」と言っていますから

彼らは
集合的無意識の中の
住人なのです。

『千と千尋の神隠し』PTSDの失意の時近づいてくる自己治癒力の世界」への2件のフィードバック

  1. RINKO

    SECRET: 0
    PASS:
    意識が千尋で無意識がハクということだったのですね。
    何があっても意識をしっかり保ち、自力を尽くしたので集合的無意識の助けが作動したのですね。
    凄いです。
    本当に深くて、これがうまく卒論とかにできたらいいのになと思いました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です