虐待PTSD物語『千と千尋の神隠し』一太極二陰陽の華厳経モチーフ


こころが萎れたら
花も萎れ
 

花のなかで
元気を取り戻していますが
華厳とは
花を飾るという意味です。
 ―こころの花

 ― 一即多 多即一
ジブリはいつも
陰陽五行説と華厳の習合の原理のなかで
PTSD克服法を
表現しています。

虐待PTSD物語『千と千尋の神隠し』一太極二陰陽の華厳経モチーフ」への2件のフィードバック

  1. RINKO

    SECRET: 0
    PASS:
    「一即多 多即一」という意味が、ようやくつかめてきました。
    あらゆる存在は、それ自体の自立した存在ではなく縁起するという意味ですね。
    目の前の誰かが元気になればそこにいる自分も元気になり、それが広がりみんなが元気になる、みたいな感じですか?

    返信
  2. 翠雨PTSD予防&治療心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >RINKOさん
    華厳経の心理学の根本であり、大きな概念なのでいろんな解釈ができると思います。書かれているようなことも含むでしょうし、端的に意識と無意識(陰陽)が1つになった般若心経の世界みたいなものとも言えると思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です