10代障害者を暴行死亡させたPTSD解離福祉職員(23)傷害致死罪で起訴

千葉県
袖ケ浦市の
県立障害者支援施設
「袖ケ浦福祉センター」の
虐待事件で
入所者の少年(当時19歳)を
暴行死させた
元職員で派遣社員(23)が
傷害致死罪で起訴されました。
「騒いでいた少年を注意したが
聞いてくれず
ストレスがピークに達した」

現場に合わない
発達障害誤診
ゆとり医療の影で
殺人事件も起きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です