理研はPTSD性体調不良の小保方さんを保護

もはや
裁判の
被告人のような
扱いですが
理研は
きちんと
当たり前に
保護の立場を取っています。
 ―これがないと
 反省もできない。
まずは
危険なところから
避難すること
事実を否認しないで
確認すること
問題と向き合うことですが
 ―小保方さんの場合は
 会見
すべて
自己決定において
行われるべきであるという
基本が
きちんと押さえられています。
分野は違っても
さすがは
科学者の先輩です。
詰め寄る
マスコミのような
感情論では
何も解決しない
世界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です