STAP騒動はPTSD否認でっちあげ発達障害時代のあだ花

調査委員会は
「研究者を
錯覚させるだけでなく
間違った解釈へ
誘導する」
「科学的な考察と
手順を踏まないもの」と
STAP論文を否定しています。
小保方氏は
このくらい
誰でもしている
どこが悪いのかと
怒っておられるようですが

教室で不適応を起こす
PTSD児を
発達障害扱いし
薬漬けにする手伝いを
 ―これは薬屋さんのCMです。

スクールカウンセラー
(臨床心理士)が行ってますし
 ―施設でも同じこと

「象徴が使えない
発達障害児が増えている」と
言ってますが
どこにも証拠はなく
テキトーに騙しているだけです。

被害者からは
怒りの声も
あがっています。
神戸で
臨床心理士の娘さんが
騒動を起こしたのは
 ―研究者としては
 発達障害であり
 ADHD的
とても象徴的な出来事だと
私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です