『風の谷のナウシカ』『エリジウム』PTSD否認の神話の世界

文明を崩壊させた
「火の7日間」という
最終戦争から1000年
激しく汚染された大地に
異形の生態系

巨大な菌類の森
「腐海」や
腐海を守る
「王蟲」と呼ばれる
巨大昆虫たちが出現し
腐海の放つ瘴気に
人々が怯える荒廃した世界

描かれている。


最近では
『エリジウム』が公開されましたが
 ―地球は
 チェルノブイリのような
 廃墟の世界
ジブリは
30年前に
こういう世界を描いてたのですね。

重大なのは
暴走する
こころの汚染です。

『風の谷のナウシカ』『エリジウム』PTSD否認の神話の世界」への2件のフィードバック

  1. RINKO

    SECRET: 0
    PASS:
    どうしてジブリは、30年前にこういう汚染された世界が描けたのか、そのルーツに思いをはせていました。
    日本はやはり原爆を投下された国だからでしょうか…。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です