『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』まで「PTSD世界を生きる」

1人の天才が
表現するのですから
モチーフは1つです。
概観すると
よく似ています。

初期は
アニマ的ですが
 ―男性の中の女性性

ファンタジーよりは
実話性が高まってくると
 ―ファンタジーは
 成長のための
 退行の場所
男性の主人公になります。
大変な世界でも
「生きる」ことが
一貫したテーマとして
流れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です