DV被害者の住所をPTSD解離開示した検事

奈良地検の
検事が
DV被害女性の住所を
別件逮捕された夫の
(いろいろやらかす習性ですから)
弁護人に開示したので
(この弁護人の人間性も問われますよね)
元夫は
女性に
捜査に協力したことを責める
手紙を郵送しました。
デタラメですね。
被害女性の恐怖は大変なものだと思います。
私の提起した
ストーカー裁判では
(警察が警告するレヴェル)
DSCN1982
私の住所も電話番号も
訴状に書かれていません。
今はこれが常識なんですよ。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です