寝屋川中1男女PTSD解離猟奇殺人事件対応の臨床心理士

中学1年の

平田奈津美さん(13)と

星野凌斗さん(12)が

遺体で見つかった事件で

2人が通っていた中学校の生徒たちは

「事件に巻き込まれた

2人がかわいそうだ。

容疑者が捕まってよかったが

許せない」と憤り

2人と親しかった女子生徒は

「2人の顔が浮かんでつらい」と

表情を曇らせています。

ショックを受けると

誰でも

幻覚をみたりすることがあるのですが

(『コクリコ坂から』)

それに適切に対応させることが

専門家の役割です。

専門家なら常識のようなものですが

市教委が

生徒たちの心をケアするために

派遣された臨床心理士は

大丈夫でしょうか。

20131105G239-211x3001-211x3001-211x3001-211x3001-211x3001-211x3001

この中学校で発達障害児が急に増えたりする

怪事件にならないでしょうか。

「語りはそんなに必要ない」

「ウソっぽい」

「フツーだ」と

傾聴されないなんてことは

ないでしょうか。

そもそも

こころのケアはPTSD予防のことだと

知っているでしょうか。

精神科医につないで

薬漬けにしてもらうことだと

勘違いしてないでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です