警察官とPTSDを知らない医師が連携でストーカー再犯防止対策の愚

ストーカー被害が後を絶たないので

警察庁は

ストーカー行為を繰り返す

加害者の再犯を防ぐのに

警察官が専門の医師と連携して

ストーカー事案の再発防止に向けた新制度のイメージ図

加害者に受診を促すようにすることを

思いついたそうです。

「連携」するというのは

DV対策でも

「やってますよ」ポーズに利用されていました。

(忍法!目くらまし)

初期はただ集まっているだけ

今は精神科医中心の形骸化された

(どことも同じ)

こころのケアに堕しているようです。

(傾聴によるPTSD予防だったが

診断&薬漬けか放置しかない)

ストーカーはDVと親戚みたいなものです。

おそらく二の舞になるでしょう。

もう一度

被害者にはPTSD予防

加害者にはPTSD治療が必要だと

確認しなければなりません。

つまり

警察官と組むべきは

PTSDの専門家なのですが

見渡したところ

発達障害の専門家しか

見当たりません。

こんなの全くの机上論ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です